2022年5月12日

SDGsの達成に向けて

SDGsロゴ
SDGsの17項目
持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
株式会社ナックならびに全国の会員企業は「よりよい家づくり」をミッションにし、全国で多くの木造住宅を提供してきました。しかしながら昨今のウッドショックに代表されるような木材の問題が勃発し、その問題について最も肌で感じる我々は、将来の子供たちへの想いも込め、事業を通じた社会課題解決への貢献と、新たな価値の創造に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献していく事で一致団結を致しました。

「持続可能な開発目標(SDGs)」への
具体的な取り組み

私たちは企業活動全体やステークホルダーとの取引・関わり合いにおいて、コーポレート・ガバナンスやコンプライアンス、情報セキュリティ強化へ取り組んでいる他、ミッション・ビジョンの実現に向けた取り組みにおいては、SDGsの17の目標のうち、特に下記10個の目標に注力し取り組みを行っております。

SDGs環境への取り組み

sdg_presenttree.png

協力企業で地球に1日1本の木を贈る
2020年10月の「2050年カーボンニュートラル宣言」から、2021年5月には「改正温対法」が成立するなど、日本国内では地球と私たちの次世代の未来を守る「脱炭素」を企業に求められる流れが急加速しています。CO2を吸収し、酸素を排出する森林の保護は、私たち人類みんなの課題といっても過言ではありません。特に住宅業界では、家を1棟つくる上で、約90本の木材が必要だといわれています。私たちは、木材を使ってお客様のお家を作りながら、お客様と地球の未来を守るという使命・責任を負っていると考えています。その責任を果たすためにも、私たち、住宅会社と地場建築業界の活性化を目指す、薮工業株式会社は、力を合わせ、1日1本の木を地球にプレゼントしてまいります。1日1本、地球にプレゼントした木は、1年間で365本、10年で3,650本、30年たてば11,000本にもなります。そして30年かけて見守られた苗は、私たちの次の世代が家を暮らしを作るための木に成長するのです。皆様と一緒に、家と暮らしを作るだけでなく、未来を築いていきたいと、私たちは考えます。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント